水いぼ とびひ

水いぼととびひについて

水いぼと並んで子供に多く見られる夏の症状として「とびひ」というものがあります。

このとびひというものは、水いぼと混同されがちになってしまうことも多いようなのですが、確かに感染症と言った点では同じですが、その原因などはちょっと違ってきます。

水いぼの場合、ある菌が肌に接することで水泡が皮膚上にできてしまうというものなのですが、とびひの場合は虫指されやあせもなどで肌を掻いてしまったときなどにできる傷から感染するものです。

子供などは痒いと感じるとすぐに掻いてしまう癖がどうしてもありますので、親は特に夏場などには注意をしてあげたいですね。

またとびひという言葉は「飛び火」という語源から来た言葉で、その字の如く一つとびひがの症状が出てきてしまうと、体のいたるところにそれは伝染していきます。

そうなってしまうと当然治療の方も大変になってきますので、できるだけ早い対処が必要となってくるのですね。

とびひにしても水いぼにしても、やはり子供ほどこういった感染病というものにはかかりやすくなっていることが多くなっています。

また子供はそういった知識にはほとんどの場合持ち合わせていない場合がありますので、大人である親がしっかりと注意してあげるようにしましょう。