アトピー 水いぼ

アトピーの子供に水いぼができた場合

水いぼの場合その治療法が水いぼをピンセットで取り除くという何とも原始的な方法で行われる事が多いのですが、数ヶ月放っておくことで自然治癒するということもあり、軟膏などを塗る程度で済ませてしまう人も多いようです。

しかし子供が何かの拍子に水いぼの部分を掻いてしまったりすると、その水いぼの部分が破け、菌が出されることによってまた違う部分に水いぼができてしまうなんてこともありえますのでその判断は中々難しいものでもあるようです。

だったら取り除いてしまえばいいじゃないか、とも思われるかもしれませんが、水いぼを取るのってすごい痛いらしいんですよね。

私の子供も一回やってもらったときには、普段にはないくらいの声で泣き叫んでいましたから、その姿を見るのは親としても中々辛いものがあるのですよ。

しかしもしも子供がアトピー皮膚炎を患っていた場合はその事情も大きく変わってくるようです。

子供がアトピーを持っているとどうしても体中を掻いてしまう恐れがありますので、その分水いぼなどが出来てしまった場合にはそこを自分でつぶしてしまい、また水いぼが広がってしまうという可能性が高くなってしまいます。

ですので、子供がアトピーの場合はもちろん専門医の方と相談はするべきだと思いますが、水いぼはしっかりと取り除くことが推奨されているようですね。

私自身アトピーの子供を見てると何ともやるせない気持ちにさせられることがありますが、アトピーは完治するものと聞いた事もありますので、その言葉を何とか信じたいものですね。

(参照元:http://www.kyudai-derm.org/atopy_ebm/14/kranke.html )