水いぼができる原因

水いぼができる原因

水いぼはウィルスが感染してできることが多くなっているいわゆる感染病の一つです。

夏場にプールなどに行くと、水を介して人に感染したり、体を拭く際にのタオルを共有することなどでも水いぼの菌が人にうつったりすることもあるようです。

特に夏場のプールなどにはこの水いぼの原因となる菌が繁殖しやすい環境になっているとも言われますので、多少は注意が必要となるかもしれません。

しかし注意と言っても実際にできることは少なく、子供のプールに行くときのあのぎらぎらした目を押さえつけるのは並大抵のことではないでしょう。

幸い水いぼはそこまで致命的な症状ではないと聞かされていますので、親としてはやはり気持ちよくプールには行かせ、いざ水いぼができてしまったときのためにその対処法を覚えておくということが一番良いのかもしれませんね。

またアトピーにかかっている人はこの水いぼも同時に併発しやすいと言われています。

アトピーなどの症状が出ていると当然傷口から水いぼのウィルスが入ってくる可能性も大きくなりますし、また同様に湿疹やあせもができている場合にも同じことがいえます。

ですので子供にこれらの症状が出ている場合は親御さんたちもより深い注意が必要となってきます。

アトピーや水いぼができた状態でプールに行かせても良いかどうか。

これらのことを親身に相談に乗ってくれる信頼できるお医者さんを是非見つけ出すようにしてください。